債務整理の方法

債務整理の方法 トップに戻る
  • CFJ会員専用相談窓口
  • 困った時の相談窓口
  • 債務整理の方法
    • 任意整理について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 特定調停について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 個人民事再生について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 自己破産について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用

任意整理とは・・・

債務者もしくは弁護士などの専門家が債権者である「消費者金融会社」や「クレジット会社」などと交渉して、借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていく手続のことです。

条件
  • 現在または、将来において支払い不能のおそれがあること。
  • 今後、継続的に収入が見込めること。
  • 保証人への請求を避けたい借金があること。
  • 債務整理後、返済を続けていく意思がきちんとあること。
メリット デメリット
  • 所定の手続後は、各業者からの取立てが止まります。
  • 毎月の返済金額が軽減できます。
  • 一部の借金のみを整理することもできます。
  • 業者との話し合いで手続が進むため、自己破産や個人民事再生のように官報に載ることがありません。
  • 資格制限を受けません。
  • 個人信用情報機関に債務整理の情報が登録されることとなり、5年から7年間はローンやクレジットを組むことができない状態になります。その間、個人事業をするにも現金で商売をしていかなくてはならなかったり、個人でクレジットカードでの買い物ができなくなったりします。
  • 和解が成立すれば原則5年以内で返済する必要があります。
  • 不動産を担保にした借り入れをしている場合は、不動産を保持し続けることができなくなる場合があります。

手続き方法・費用に進む