債務整理の方法

債務整理の方法 トップに戻る
  • CFJ会員専用相談窓口
  • 困った時の相談窓口
  • 債務整理の方法
    • 任意整理について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 特定調停について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 個人民事再生について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 自己破産について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用

特定調停とは・・・

裁判所に申し立てを行い、裁判所の指定する調停委員が債権者と依頼者の間に入って話し合いを進め和解の成立を図る方法です。

条件
  • 今後、継続的に収入が見込めること。
  • 債務整理後、返済を続けていく意思がきちんとあること。
メリット デメリット
  • 債務整理方法の中で、唯一、弁護士・司法書士に依頼しなくてもそれほど迷うことなく進めることができる手続です。
  • 特定調停の申立て以後、取立てが止まります。
  • 手続期間中は返済がストップします。
  • 各債権者の中から特定調停を行う債権者を選ぶことができます。
  • 資格制限を受けません。
  • 個人信用情報機関に債務整理の情報が登録されることとなり、5年〜7年間はローンやクレジットを組むことができない状態になります。その間、個人事業をするにも現金で商売をしていかなくてはならなかったり、個人でクレジットカードでの買い物ができなくなったりします。
  • 特定調停で決定した返済計画通り、返済できなかったり返済が遅れたりすると、直ちに給料などを差し押さえられるおそれがあります。
  • 任意整理と異なり、申請者本人が調停の日などには必ず裁判所に足を運ばなければならず、仕事などに支障をきたす場合もあります。
  • 調停が成立するまでにおおむね2ヶ月以上はかかり、その間の遅延損害金を返済計画の借金の総額に加算される場合があります。
  • 債権者との話し合いにより借金を整理する方法のため、債権者からの同意を得られないと和解が成立しない場合があります。
前のページに戻る
手続き方法・費用に進む