債務整理の方法

債務整理の方法 トップに戻る
  • CFJ会員専用相談窓口
  • 困った時の相談窓口
  • 債務整理の方法
    • 任意整理について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 特定調停について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 個人民事再生について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用
    • 自己破産について
      • メリット、デメリット
      • 手続き方法・費用

自己破産の手続き方法・費用

自己破産の手続き方法
下記手続方法のフローは「同時廃止」の場合になります。
自己破産の手続には債務者の財産の状況により「同時廃止」と「少額管財」があります。債務者にめぼしい財産がない場合は「同時廃止」になりますが、財産がある場合は「少額管財」になり、破産手続と同時に破産管財人が選任され、破産手続きを進めることになります。
1:裁判所に必要書類を提出 → 2:破産審尋 → 3:破産手続開始の決定・同時廃止の決定 → 4:免責の申し立て → 5:免責審尋 → 6:免責許可決定 → 7:免責確定
自己破産の手続き期間
同時廃止の場合は、申し立てをしてから概ね4ヶ月かかります。
少額管財の場合は、申し立てをしてから概ね6ヶ月かかります。
自己破産の手続き費用
*相場を把握するためにも、複数の事務所に問合せや見積りを依頼することをお勧めいたします。
*債務整理の手続き費用は裁判所や依頼先事務所により異なる場合があります。
本人:本人が申立を行う場合は法律の知識が必要となります。 司法書士:A社同時廃止の場合287,500円 弁護士:C社同時廃止の場合 313,500円 C社少額管財の場合630,000円

さらに別会社の費用例を見る

*自己破産や個人民事再生は、地方裁判所に申し立てを行う必要があることから、司法書士には訴訟代理権がありません。一般的には司法書士に依頼した場合は、あくまで本人が申し立てたことになりますので、裁判所との対応を要求されます。

前のページに戻る
債務整理の方法 トップに戻る