ローンや返済に関するQ&A

ローンや返済に関するQ&A トップに戻る
  • Q1 ローン、クレジット、キャッシャングの違いは?
  • Q2 お金を借りる前にすることは?
  • Q3 合法な貸金業者の選び方は?
  • Q4 借りるときの審査の流れは?
  • Q5 お金を借りるときの注意点は?
  • Q6 借りるときの「契約」にはどんな意味があるの?
  • Q7 金利とは?
  • Q8 金利の上限って決まっているの?
  • Q9 利息とは?
  • Q10 利息の計算方法は?
  • Q11 お金を借りた後に気をつけることは?
  • Q12 返済のしくみはどうなっているの?
  • Q13 リボルビングシステムとは?
  • Q14 遅延損害金とは?
  • Q15 遅延損害金の計算方法は?
  • Q16 グレーゾーン金利って何?
  • Q17 過払い金って何?
  • Q18 改正貸金業法って何?
  • Q19 上限金利が引き下げになるって本当?
  • Q20 年収の3分の1までしか借り入れできない根拠は?
  • Q21 借入の際に収入証明書などの提出が必要って、本当?
  • Q22 収入のない専業主婦(夫)でも借り入れできるの?
  • Q23 総量規制(年収3分の1までしか借り入れできない)は全てのローンが対象になるの?
  • Q24 もしも悪質業者の被害にあってしまったら?

お金を借りた後に気をつけることは?

POINT1:返済に遅れないようにしましょう   POINT2:領収書、利用明細書は大切に保管しましょう
返済日に遅れると遅延損害金が加算されてしまいます。
返済日をうっかり忘れないようカレンダーなどに返済日を記しておきましょう。
返済したときは、領収書や利用明細書を必ず受け取り、契約書とともに大切に保管しておきましょう。
あなたが返済した確かな証拠になります。
   
POINT3:お金に余裕のあるときは多めに返しましょう POINT4:つねに収支バランスを確かめましょう
多めに返済すれば、それだけ利息も少なくて済みます。
ボーナスや臨時収入があった場合は、多めに返済するとよいでしょう。

現在の返済計画をスマートに改善することができる「ウェブアプリ」をぜひ試してみてください。「ウェブアプリ」へGO!
つねに収入と支出のバランスを見て、無理のない返済を心がけましょう。もしも収入が減った場合は、そのままにしておかないで、返済計画を見直す必要があります。