ローンや返済に関するQ&A

ローンや返済に関するQ&A トップに戻る
  • Q1 ローン、クレジット、キャッシャングの違いは?
  • Q2 お金を借りる前にすることは?
  • Q3 合法な貸金業者の選び方は?
  • Q4 借りるときの審査の流れは?
  • Q5 お金を借りるときの注意点は?
  • Q6 借りるときの「契約」にはどんな意味があるの?
  • Q7 金利とは?
  • Q8 金利の上限って決まっているの?
  • Q9 利息とは?
  • Q10 利息の計算方法は?
  • Q11 お金を借りた後に気をつけることは?
  • Q12 返済のしくみはどうなっているの?
  • Q13 リボルビングシステムとは?
  • Q14 遅延損害金とは?
  • Q15 遅延損害金の計算方法は?
  • Q16 グレーゾーン金利って何?
  • Q17 過払い金って何?
  • Q18 改正貸金業法って何?
  • Q19 上限金利が引き下げになるって本当?
  • Q20 年収の3分の1までしか借り入れできない根拠は?
  • Q21 借入の際に収入証明書などの提出が必要って、本当?
  • Q22 収入のない専業主婦(夫)でも借り入れできるの?
  • Q23 総量規制(年収3分の1までしか借り入れできない)は全てのローンが対象になるの?
  • Q24 もしも悪質業者の被害にあってしまったら?

「改正貸金業法」って何?

貸金業を営む者に対して必要とされる規制を定めた法律として、従前は「貸金業規制法」がありました。平成18年12月、近年深刻さを増している多重債務問題の解決の為の対策として、この「貸金業規制法」に抜本的改正を加え成立したのが「改正貸金業法」です。主な内容は、参入条件の厳格化、行為規制の強化、総量規制の導入、上限金利の引き下げなどです。その中でも「総量規制」は、貸金業者のみならず消費者にも大きな影響があリます。

総量規制
  • 合計借り入れ額が年収等の三分の一を越える場合、原則、新たな借り入れをすることは出来なくなります。
  • 総量規制から除外される借り入れには、住宅資金、自動車購入、高額医療費、有価証券担保、不動産担保(自宅担保は除く)などがあります。(総量規制の計算式から除外される。)
  • 総量規制の例外となる借り入れには、借換資金(借り手が不利にならないもの)、緊急医療費、配偶者貸付、事業資金(事業計画・収支計画・資金計画に基づき返済能力を超えないもの)などがあります。(返済能力又は返済原資の価値を超えるものは不可。)
  • 1社での借り入れ額が50万円超、又は合計借り入れ額が100万円超の場合は源泉徴収票などの提出を義務づけられます。