ローンや返済に関するQ&A

ローンや返済に関するQ&A トップに戻る
  • Q1 ローン、クレジット、キャッシャングの違いは?
  • Q2 お金を借りる前にすることは?
  • Q3 合法な貸金業者の選び方は?
  • Q4 借りるときの審査の流れは?
  • Q5 お金を借りるときの注意点は?
  • Q6 借りるときの「契約」にはどんな意味があるの?
  • Q7 金利とは?
  • Q8 金利の上限って決まっているの?
  • Q9 利息とは?
  • Q10 利息の計算方法は?
  • Q11 お金を借りた後に気をつけることは?
  • Q12 返済のしくみはどうなっているの?
  • Q13 リボルビングシステムとは?
  • Q14 遅延損害金とは?
  • Q15 遅延損害金の計算方法は?
  • Q16 グレーゾーン金利って何?
  • Q17 過払い金って何?
  • Q18 改正貸金業法って何?
  • Q19 上限金利が引き下げになるって本当?
  • Q20 年収の3分の1までしか借り入れできない根拠は?
  • Q21 借入の際に収入証明書などの提出が必要って、本当?
  • Q22 収入のない専業主婦(夫)でも借り入れできるの?
  • Q23 総量規制(年収3分の1までしか借り入れできない)は全てのローンが対象になるの?
  • Q24 もしも悪質業者の被害にあってしまったら?

金利の上限って決まっているの?

法律で上限金利が定められています。
改正貸金業法完全施行前の上限金利は、「利息制限法(融資金額によって年15%~20%)」や「出資法(年29.2%)」で決められていました。
しかし、改正貸金業法完全施行日(2010年6月18日)以降、利息制限法で定める上限金利と出資法で定める上限金利の間の金利(グレーゾーン金利)を廃止し、出資法の上限金利は29.2%から20%へ引き下げられました。また、利息制限法に定める上限金利以上での契約も禁止されました。

利息制限法の上限金利   出資法の上限金利
●元本が10万円未満の場合:年20%
●元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
●元本が100万円以上の場合:年15%

●20%