用語集

【債務免除】
債務者の意思にかかわらず、債権者の意思のみで債務を消滅させる債権者の行為のことをいいます。
【受任通知】
「債務者が弁護士に債務整理を依頼しました」ということを債権者(貸金業者など)に通知する文書のことです。
依頼を受けた弁護士が作成し、債権者に郵送します。
【資格制限】
自己破産した場合、会社の取締役、弁護士、行政書士、税理士、警備員など一定の職種について一定期間(破産宣告を受けてから復権を得るまでの期間)、その職業に就くことができなくなります。
【支払不能状態】
支払不能状態とは、以下のようないずれかの状態のことをいいます。
・借金返済にあてるための財産を有しない状態。
・借金返済にあてる金銭を調達することが難しい状態。
・すでに履行期にある返済が滞っている状態。
・継続的かつ客観的に見て、返済能力がないと判断できる状態。
【破産管財人】
破産手続において、破産財団に属する財産の管理および処分をする権利を有する者のことをいいます。通常は裁判所が弁護士の中から選任します。
【官報】
法令・告示・予算・人事など、政府が国民に知らせる必要のある事項を編集して、毎日刊行される文書です。国が発行する機関紙として、重要な役割を果たしています。
【財産】
金銭・有価証券や土地・家屋・物品など、個人や団体などの所有している金銭的な価値のあるもの。
【個人信用情報機関】
会員である「消費者金融会社」や「クレジット会社」から報告された個人信用情報を適正に管理し、会員の照会に応じて個人信用情報を提供することを主な業務としているところです。

前のページへ